トップページ> 予防接種> 予防接種について

予防接種  vaccination


予防接種について

予防接種(ワクチン)とは

お母さんから赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきや水痘(みずぼうそう)では生後3か月までに、麻しん(はしか)やおたふくかぜでは生後8か月ころまでに、自然に失われていきます。ですから、この時期を過ぎますと、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要がでてきます。これに役立つのが予防接種です。
  子どもの発育と共に外出の機会が多くなります。保育園や幼稚園に入るまでには予防接種で免疫をつけ、感染症にかからないように予防しましょう。
 はしかや百日せきのような感染症の原因となるウイルス、細菌または菌の産生する毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを、予防接種といいます。「予防接種」に使う薬液のことを「ワクチン」といいます。すべての病気に対してワクチンがつくれるわけではなく、病原体の性質によってできないものもあります。 




予防接種の種類と特徴

予防接種で使うワクチンには、 生ワクチン 不活化ワクチン トキソイドの3種類があります。

生ワクチンは生きた病原体の毒性を弱めたもので、その病気にかかったのに近い免疫(抗体)をつくろうとするものです。
  接種後から体内で病原体の増殖がはじまりますから、それぞれのもっている性質に応じて、発熱や発しんの軽い症状が出ることがあります。十分な抗体が獲得されるのに約1ヶ月が必要です。
  定期接種のワクチンでは、麻しん(はしか)、風しん、BCGがこれにあたります。

不活化ワクチンは病原体を殺し、免疫をつくるのに必要な成分を取り出し毒性をなくしてつくったものです。この場合、病原体は体の中で増殖しませんので、何回か接種し、体に記憶させて免疫をつくります。一定の間隔で数回接種し初回免疫をつけたあと、約1年後に追加接種をして基礎免疫ができあがります。
  でも放置すると、また少しずつ抗体が減ってしまいますので、長期に免疫を保つ場合には、それぞれの性質にあわせて一定の間隔で追加接種が必要です。
  定期接種のワクチンでは、ポリオ、百日せき、日本脳炎がこれにあたります。

トキソイドとは細菌が産生する毒素をとり出して、その毒性をなくしたものです。基本的には不活化ワクチンと同様ですから、何回かの接種で免疫をつけます。
  定期接種のワクチンではジフテリア、破傷風がこれにあたります。




予防接種の有効性

予防接種は、その病気にかからないことを目的にしていますが、受ける人の体質、その時の体調などによって抗体ができないこともあります。普通健康な人が生ワクチンを受けた場合、96〜98%の方は抗体を獲得できます。もし確実についたかどうかを知りたい場合には血液をとって血中に存在する抗体を測定すれば(有料)わかります。
 また不活化ワクチンやトキソイドでは基礎免疫を完了すれば98〜99%の方が抗体を獲得します。抗体ができてそのままでは少しずつ減っていきますので、一定の間隔で追加免疫を受ける必要があります。これを正しく実施すれば一生涯免疫(終生免疫)が続きます。
 病気等でルール通り接種ができなかったときには、免疫のできにくい時もありますから、かかりつけ医や接種をする先生に相談してみましょう。


終生免疫

ウイルスや細菌にかかると体の中に免疫(抗体)ができます。これはそのウイルスや細菌などの病原体に対する抵抗力ですが、その病原 体に感染した記憶が体の中に一生涯にわたって残っていて、その病気にかからないですむ状態をいいます。




接種の間隔のあけ方

予防接種は急に保育園や幼稚園に入ることになったり、家族と海外で暮らすことになったりして、特に急いで接種する場合の同時接種を除き、その効果および安全性のため、次の時期をあけることになっています。百日せき・ジフテリア・破傷風(三種混合)およびポリオ(単独あるいは四種混合)予防接種の第1期初回は20日〜56日(3〜8週間)の間隔で3回接種。



間隔には十分注意して


生ワクチン
( BCG、ロタウイルス、麻しん、風しん、おたふくかぜ、水ぼうそう など )

27日以上あける
不活性ワクチン
トキソイド
生ワクチン
     
不活性ワクチン
( 百日せき、日本脳炎、インフルエンザ、ポリオ、ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がんワクチン)

トキソイド
( ジフテリア、破傷風 )

6日以上あける
不活性ワクチン
トキソイド
生ワクチン
     
  後で受ける予防接種
B
C
G




































BCG   27 27 27 27   27 27 27
ロタ 27 27 27 27 27     27 27
三種混合 6 6 20〜56   6 6 6 6 6
四種混合 6 6   20〜56   6 6 6 6
ポリオ単独     6   20〜56 6 6 6 6
麻疹風疹混合
       MR
    27 27 27   27 27 27
日本脳炎 6 6 6 6 6 6 6 6 6
ヒブ 6 6 6 6 6 6 6 20〜56 6
肺炎球菌 6 6 6 6 6 6 6 6 27
※上記、枠内(単位=日)の間隔で受けてください



予防接種を受けることができない人
明らかに発熱のある人。
一般的に、熱のある人は、接種会場で測定した体温が37.5℃以上をさします。

重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人。
急性の病気で薬をのむ必要のあるような人は、その後の病気の変化もわかりませんので、その日は見合わせるのが原則です。

その日に受ける予防接種によって、または予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことのある人。
「アナフィラキシー」というのは通常接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。発汗、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出るほかはきけ、嘔吐(おうと)、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるようなはげしい全身反応のことです。

BCG接種の場合においては、予防接種、外傷などによるケロイドが認められる人

予防接種を受けようとする病気に既にかかったことがある人、又は、現在かかっている人

麻しん(はしか)、風しんでは妊娠していることが明らかな人。
お子さまには直接関係ない規則ですが、任意で受ける人のことも考慮したものです。

その他、医師が不適当な状態と判断した場合。
上のに入らなくても医師が接種を不適当と判断した時はできません。



予防接種を受けるに際し、医師とよく相談しなくてはならない人

これに該当すると思われる人は、主治医の先生がある場合には必ず前もって診ていただき、その先生のところでうってもらうか、あるいは診断書又は意見書をもらってから接種に行きましょう。

心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などで治療を受けている人
発育が悪くお医者さんや保健婦の指導を継続して受けている人
未熟児で生まれて発育の悪い人
カゼなどのひきはじめと思われる人
こういう時は体の状態がはっきりするまでなるべくやめておきましょう。
前に予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどアレルギーを思わす異常がみられた人
薬の投与を受けて皮膚に発しんが出たり、体に異常をきたしたことのある人
今までにけいれんを起こしたことがある人
けいれんのおこった年齢、そのとき熱があったか、熱がなかったか、その後おこっているか、受けるワクチンの種類はなにかなどで条件が異なります。必ずかかりつけの先生と事前によく相談しましょう。原因がはっきりしている場合には接種できます。
過去に中耳炎や肺炎などによくかかり、免疫状態を検査して異常を指摘されたことのある人
ワクチンには抗原のほかに培養に使う卵の成分、抗生物質、安定剤などが入っていますので、これらにアレルギーがあるといわれたことのある人
家族の中で、または遊び友達、クラスメートの間に、麻しん(はしか)、風しん、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)などの病気が流行している時で、予防接種を受ける本人がその病気にかかっていない人
次のような病気にかかった場合、予防接種を受けられない期間があります(ただし、かかりつけの医師の許可があれば接種できることがありますので医師にご相談下さい)。
・かぜ ・突発性発しん ・手足口病 ・ヘルパンギーナ ・伝染性紅斑(りんご病)・インフルエンザ ・咽頭結膜熱 ・おたふくかぜ ・水痘・ 風しん ・麻しん・無菌性髄膜炎 ・百日せき 
BCG接種の場合においては、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのある人




予防接種を受けた後の注意
予防接種を受けたあと30分間は、接種会場でお子さまの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。急な副反応はこの間におこることがあります。
接種後生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意していきましょう。
入浴は差し支えありませんが、注射をした部位をわざとこすることはやめましょう。
接種当日はいつもの通りの生活をしましょう。はげしい運動はさけましょう。

何かからだに調子の悪いことがある場合

予防接種を受けた後、発熱など何かからだに調子の悪いことがある場合、その症状が異常な副作用の前ぶれであったり、他の病気が原因の場合もありますので、念のため医師の診察を受けるようにおすすめします。




受けに行く前のチェック

 子供の体調はよいですか。

 予診票の記入はすみましたか。

 受ける予防接種のことについて、予防接種手帳を読みましたか。

 母子手帳は持ちましたか。





予防接種を受ける時期の個別の詳細は、かかりつけ医にご相談ください。


・BCGは、生後6ヶ月未満の者で、3ヶ月から6ヶ月未満に受けてください

・麻しん 風しん 混合ワクチン(MRワクチン)が導入され、1期は1歳中に受け、2期は5歳から7歳未満で小学校就学前1年間にある者です。基本的には、MR混合ワクチンを使用しますが、混合ワクチンの使用が出来ない場合、麻しん 風しんの単独ワクチンの使用も可能です

・日本脳炎の3期は、廃止されました
 日本脳炎ワクチン接種の70万〜200万回に1回程度、極めてまれにADEM(急性散在性脳脊髄炎)が発生すると考えられています。
 厚生労働省では、ワクチン接種との因果関係を認め、定期の予防接種として現行の日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨は行わないよう市町村に対し勧告を行っています。
 なお、日本脳炎の流行地へ渡航するなど、日本脳炎に感染する恐れが高い場合には、これらの措置、並びに日本脳炎ワクチンの効果、及び副反応を十分に理解し、同意書に記入した上で定期の予防接種として接種を受けることはさしつかえありません。
※平成21年6月2日から、従来の日本脳炎ワクチンを受けていない人を対象に、新しいワクチン(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン)が使用できるようになりました。