トップページ> 予防接種> 任意予防接種

予防接種  vaccination


以下の情報は2012年11月現在の情報です。
・・・ 生ワクチンを接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は27日以上あける
(例:7月1日(水)に生ワクチンを接種したとすると、次回のワクチンは、7月29日(水)以後に接種可)
・・・ 不活化ワクチンを接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上あける
(例:7月1日(水)に生ワクチンを接種したとすると、次回のワクチンは、7月8日(水)以後に接種可)
国立感染症研究所感染症情報センター予防接種のスケジュールはこちら
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) 
対象年齢 1歳以上
接種方法 1回あるいは2回(小学校入学前が推奨)
ワクチン種類 生ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は27日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





水ぼうそう(水痘)
対象年齢 1歳以上
接種方法 1回あるいは2回(1回目接種後2ヶ月以上の間をあけて)
ワクチン種類 生ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は27日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





インフルエンザワクチン
対象年齢 生後6ヶ月から13歳未満
13歳以上
接種方法 およそ2〜4週間隔で2回接種 1回または、
およそ1〜4週間隔で2回接種
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





ヒブワクチン(ヘモフィルスb型)
接種開始時期 生後2ヶ月以上、
7ヶ月未満で
接種開始
生後7ヶ月以上、
1歳未満で接種開始
1歳以上、
5歳未満で接種開始
接種方法 4〜8週間隔で3回、 7〜13ヶ月の間に
1回追加接種
4〜8週間で2回接種、 7〜13ヶ月の間に1回追加接種 1回接種
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有料:ただし豊中市民は1回1000円
実施場所 任意接種取扱医療機関





結合型肺炎球菌ワクチン(小児)
接種開始時期 生後2ヶ月以上、7ヶ月未満で接種開始
生後7ヶ月以上1歳未満で接種開始 1歳台で接種開始 2歳以上9歳未満で接種開始
接種方法 27〜56日間隔で3回、それ以降60日以上開けて1歳を超えてから1回追加接種 27〜56日間隔で2回、それ以降60日以上開けて1歳を超えてから1回追加接種 60日以上の間隔をあけて2回接種 1回接種
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有料:ただし豊中市民は1回1000円
実施場所 任意接種取扱医療機関





B型肝炎
対象者 HBs抗原陽性の母親から
生まれた乳児(保険適応)
左記以外
接種方法 3回(生後2か月、3か月、5か月) 3回(1か月間隔で2回、
その後5〜6か月後に1回)
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





成人用肺炎球菌
対象者 免疫正常者、高齢者、
2歳以上の慢性心・肺・腎疾患患者、
糖尿病患者
2歳以上の免疫不全者
接種方法 1回 1回
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





A型肝炎
対象年齢 16歳以上
接種方法 初回2回(2〜4週間)、追加1回(初回接種後6か月から2年)
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





狂犬病
対象年齢 全年齢
接種方法 暴露前3回(4週間隔で2回、6〜12か月後に1回)
暴露後6回(1回目を0日として、3、7、14、30、90日目)
ワクチン種類 不活化ワクチン
(接種した日から、次のワクチンを接種するまでの間隔は6日以上)
費 用 有  料
実施場所 任意接種取扱医療機関





大阪府医師会 予防接種センターはこちら