トップページ> 予防接種> 海外渡航用予防接種

予防接種  vaccination


海外渡航用予防接種




狂 犬 病 
対象者 狂犬病流行地に旅行する人は自己防衛の目的で行われる。日本、オーストラリア、ニュージーランド、スカンジナビア半島以外の全世界に狂犬病は存在する。
接種方法 4週間間隔で3回接種。その後6〜12ヶ月後に1回追加
費 用 有  料
実施場所 (財)大阪国際空港メディカルセンター





破 傷 風 
対象者 入国時にこの接種を要求する国はありませんが、本人のために接種を勧めます。外傷により感染する。
接種方法 3〜6週間隔で2回接種。その後6〜12ヶ月後に1回接種。
費 用 有  料
実施場所 (財)大阪国際空港メディカルセンター





A 型 肝 炎 
対象者 経口感染のため衛生状態の良くない国へ入国する人。
接種方法

2〜4週間隔で2回接種。 その後6〜12ヵ月後に一回追加接種

費 用 有  料
実施場所 (財)大阪国際空港メディカルセンター





B 型 肝 炎 
対象者 血液感染のため医療にかかわる仕事を滞在先でする者を中心に考える。
接種方法 3〜4週間間隔で2回接種。その後6ヶ月後に1回接種。 
費 用 有  料
実施場所 (財)大阪国際空港メディカルセンター





日本脳炎
対象者 亜熱帯〜熱帯の国への滞在者。西ナイル熱の流行地滞在者
接種方法 初回接種後2〜4週で2回目3回目は1年後に接種
費 用 有  料
実施場所 (財)大阪国際空港メディカルセンター