トップページ> 介護保険> 医師の役割

介護保険  nursing care insurance



介護保健制度で、医師のはこのような役割を担っています

介護保険制度のなかで、私たち医師は、利用者やそのご家族の方が安心して介護サービスを利用していけるよう、申請のときから実際にサービスを受けているときにも、常にサービスを受ける側に立って、サポートしていく体制を整えています。わからないこと、知りたいことなど、気軽にかかりつけ医にご相談ください。

1. 意見書の作成とその支援
 要介護認定では、かかりつけ医の書く「主治医の意見書」が非常に重要です 。申請が受けつけられたら、要介護認定がはじまります。要介護認定は、市 区町村によって行われる「認定調査」の結果と、主治医が作成する「意見書 」をもとに行われます。医師は、この「意見書」を作成するという重要な役 割を担っています。
2. ケアプラン作成時の指示・助言
 要介護度が決まって、介護サービスを利用しはじめるときにも、医師のアド バイスを受けましょう。 申請から約30日後、要介護認定の結果が通知されます。自分の要介護度に 合った介護サービスを受けるために、かかりつけ医にアドバイスをしてもら いましょう。ケアプランの立て方、施設サービス・在宅サービスの選択、介 護サービスの選び方など、気軽に相談しましょう。
3. サービス事業者への指導・助言
 介護サービス利用中も、お身体の状態については、今まで通り、かかりつけ 医に相談してください。 介護サービスを受けているときでも、かかりつけ医は、利用者のお身体の具 合について継続して支援・アドバイスを行います。ケアプラン内容の見直し や介護サービスの内容・方法などについて、医師の立場からサービス事業者 に適切な指示をします。